手挽きミルのススメ

どーしても、ご自宅で美味しい一杯を楽しんでいただきたいとの想いから記事にします

 

「美味しさ」に直結する大事な一歩として、挽きたてが二番と考えているからです。二番?そうです、二番です。一番は豆を焙煎してからどの程度時間が経過しているかと考えるからです、その点はまた機会があれば記事に致します

 

豆が膨らんで美味しそう、そう、そうではなくて美味しいんです

 

珈琲の大きな魅力でもあります「香り」これは、液体になったところでも感じることができますが、一番香るのは、豆から粉へなる瞬間が最高に香りがたちます。ゴリゴリいってすり潰している瞬間。マシンで粉へなっているその時。ゴマすりでゴリゴリ・・なんと古風 笑

道具はなんであっても、とにかく豆が粉になる瞬間がいいのです!

 

 

うるさい珈琲屋だったりすると

「粉の粒が揃ってないと、味がねぇ、、」とか

「あのマシンだと、均一に挽けますから、美味しく、、」とか

「だめだめ、ゴマする道具なんて 笑」とか

「微粉が多すぎて、、、」とか

そらぁ厳密に言えばそれは味に影響は出ますよ、でも、自宅で飲む分に、いちいちそんなこと気にしてたら、面白くないですし、楽しめません

 

細かいことはさておき、とにかく豆から粉への瞬間を楽しんでほしい

時間を忘れたいひとときに、部屋中がコーヒーアロマで充満させるだけでも、満たされると思いませんか?飲む前からいい香りなんだったら、味は二の次でもいいと思いますよ

 

 

 

ここからは、実際に燕も使用してみた2種を比べてみますね

左の小さなものがポーレックス製ですので、ポーちゃん

右のまるっとした、まるちゃん(正式な SPESSO COFFEE MIKL)

・ハンドルの長さ

・握り手の材質

・豆の容量

・挽きの調整度合い

大きくこの4点に違いがあります

 

上から見た写真だと一目瞭然。ポーちゃんが長いですね、しかも妙なカーブも描いてて、とても力が入りやすく、軽い力で豆を挽くことができます。一方まるちゃんは少し短くて握り手が大きくなっています。実際に使ってみると、ポーちゃんの方が挽きやすいです

 

手に持って使うタイプで意外に重要なのが、握る部分の太さ。と材質。

まるちゃんのウエスト部分はとてもよくくびれてて、いい感じでしょう?目の錯覚で細く見えるかもしれませんが、実はポーちゃんの方が細いのです。手の小さな方には握りやすいと思います

写真では黒いですから、同じのように見えますけども、まるちゃんの方はプラスチック樹脂のようなもの、ポーちゃんはゴムなんです。圧倒的にゴムの方が滑りにくく、その分力も掛けやすく、ここでもポーちゃんが優位です

 

以上2つの違いだけでも、ポーちゃんを強くお勧めできます

 

ただ、まるちゃんにもいいところはあります

タンクが大きいですから、一度に投入できる豆は40gほどは優に入ります。あとは、見た目が優しい印象ですし、可愛く見えますね

 

⬇︎ポーちゃん

 

⬇︎手挽きミル似た製品も出ているようですね

 

⬇︎高級タイプ、所有感が半端なさそうです

 

ちなみに、電動タイプでお勧めはこのみるっこさん。挽き目も均一で音も静かですし、小柄なわりにはいい仕事してくれます。うちもこれを使っています

 

この四角いタイプはあまりお勧めできません。床に固定する力がある程度必要なことと、ものによっては引き出しがずれてくるという使い勝手の悪さがあります。ミルといえばこれ!みたいな形ではありますけども、時代の変化でしょうか


こちらでも色々探せます ブランディングコーヒー

 

さぁ!お家でいい香りを楽しみましょう!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です