an.anにも掲載していただきました!

実は以前、CREAさんにも取り上げていただいてます

 

今回はan.an

 

no.2125 2018.11.7

表紙には田中圭さん

 

万が一、買い逃した方はこちらへ→ バックナンバー申し込み

 

出来立てホヤホヤの

「BEAN TO BAR CRAFT CHOCOLATE」を前面に取り上げていただいております

記事はこちら→ an.an掲載記事

 

 

ここで「craft」の意味のおさらいをしておきましょう

 

  • craft

    【他動】

    1. 〔職人が手作業で〕~を作る
    2. 〔細心の注意を払って〕~を巧妙に作り上げる◆【用法】この用法を認めない人もいる。

    【名】

    1. 船、飛行機、航空機、宇宙船
    2. 手作業で作ること、手工業、工芸
    3. 〈古〉〔手工業の〕同業組合(員)
    4. 専門技能職[工]
    5. 〔伝統的な〕工芸品
    6. 〔美術や工芸の〕技術、技能
    7. 〔人をだます〕狡猾さ、ずる賢さ

    レベル4、発音[US] krǽft | [UK] krɑ́ːft、カナクラフトゥ、変化《動》crafts | crafting | crafted

 

「手作業で」「巧妙に」「専門技能」「工芸品」などのワードが出てきますね。そうなんです、焙煎から整形、パッケージングまでを手作業で行ってますから「CRAFT」なんですよ。店頭に並んでいるものの背景までは、消費者の皆様に届きにくいものです、、手作業でチョコ??となっても不思議ではありませんね。今後この辺りの詳しい解説をせねばと思います

 

※カカオバターにカカオパウダーを溶かしたものとは一線を画すものです

 

時間と手間がかかることはなんとなく覚えておいていただけると、手にしていただいたときになんとなく、その重みみたいなものが伝われば幸いです。

 

 

用瀬発の鳥取初、クラフトチョコ。

 

全国的にはブームの予感がしますね

 

県内では、砂の美術館売店、奥平商店、燕がイベント出店の時、のみとなります

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です