第10回 ジャパンコーヒーフェスティバル2018 in 紀伊 参加のお知らせ

 

「一杯のコーヒーがもたらすであろう人々のコミュニケーションや文化」

 

潤滑油としての役割も持つコーヒー

場所でなくそこに独自の哲学やスタイルを持つ珈琲屋

そこに集う人々

 

普段は人が訪れることが少ない場所だと伺っています、そんな場所に集う珈琲好きな方、そうでない方も来られるかもしれません。だからこそより濃密なコミュニケーションであったり、文化を一杯の珈琲がもたらすのかもしれません

 

会場へは公共交通機関と、徒歩のみでしか到達できないようなへんぴな場所ときいております。そんな場所で二回も開催され、なおかつ集まる人々も当然個性豊かな面々なのでしょう。他地域で活動される焙煎士、出店者さんとのコミュニケーションも楽しみつつ、渾身の一杯を淹れに行って参ります

 

当日のお豆は「タイ オリエンタル・ファズ」

生産国:タイ

地域:チェンマイ県バンパヒ村

品名:オリエンタル・ファズ

標高:1200~1500m

精製:ウォッシュド

焙煎度合い:シティ

品種:カチモール

その他:無農薬栽培

 

関西方面の皆さまよろしくお願いいたします

 

 

それでは、美味しいの為に和歌山へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です