コーヒー袋のこと

店頭でさまざまな袋をみることもあるかとは思いますが、知っておくと少しお得かもしれない珈琲袋のプチ情報&当店で使っている袋のことを3つばかり

 

豆がどんな状態なのか見えるように「窓」をつけてます。豆がどんな顔してるのかのぞいてみてください、こちらの窓はきちんとUVもカットできるものですので、太陽光で豆が劣化する心配はございません。折角でしたら豆の顔も見えた方がいいですもんね

 

裏には「バルブ」を設置してます。役割としては二つありまして、まず一つは外気の侵入を防ぐ。空気、主に酸素に触れる事によって、酸化が進むのでそれを防止。二つ目は、豆からガスが出ますので、それを袋の外へ排出。この二つの効果によって豆の鮮度を保てるようになっております。鮮度を保つには必要なのです

 

 

チャックによって、封をするようになっていますので別の容器に入れ替えることなしに、この袋のままで保存もしていただけます

当店の珈琲は豆のままで袋詰してますのもきちんと意味があります。挽いた時点で劣化のスピードが格段に違うからです、ぜひ挽きたての香りをご自宅でも楽しんでくださいませ

 

とは言ってもどうしても手間が、、、って方も粉にしてのお渡しも賜っておりますので、どうぞお気軽にお声掛けくださいませ

 

 

美味しいコーヒーライフにお役立てくださいね〜

 

次回は「保存」についてもお話ししてみます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です