山根酒造とのんでみた。

以前より告知しておりましたこちらのイベント。

「山根酒造とのんでみる。」

 

のんでみた。と言いますか

 

のませていただきました!

 

同じ「つくりて」として製品は違えど、農作物から精製されるもの。

 

米と豆

 

 

それに加えお酒は発酵、珈琲は焙煎という工程によって生み出されるもの、飲み物。そこに集う人々、作物の持つ背景を知れば、味の奥行きも広がるのでしょう。一部に参加の皆さまは確実に日本酒の楽しみをみつけれたのでしょうね、私も合間、合間で話を聞けて今一度襟を正さねばと思いました

 

左から順に、蔵元の山根社長、奥様の明子さん、杜氏の前田さん

 

一部は発売前の貴重なお酒も交え、6種を飲み比べしつつ、料理家でもある明子さん特製の発酵おつまみ

◎塩麹ハーブ豚とトマトの和え物
◎無垢とクリームチーズのカナッペ(ナッツとドライフルーツ入り)
◎卵の黄身の味噌漬け(酢玉ねぎを添えて)
◎にんじんステーキ(柚子こしょうソースで)
◎カマンベールチーズとオリーブのピンチョス

と共に、皆様楽しまれたのではないでしょうか。

 

この日は二部でいよいよ登場

酒粕無垢を使った日本酒に合うデザートの考案。ということでイベントに参加させていただきました!!元来料理とはほぼ無縁で生活している上に、曲がりなりにも屋号に珈琲がつくのに、のに、のにですよ!(笑)出来たてホヤホヤのチョコレートを使って、プレッシャーの中出店させていただきました。周りは本当はどういう評価だったかは度外視して、結論の感想から言えば「面白かった」

安易な言葉ですけども、こちらはニヤつく感じです 笑

結局は「好み」によるところがありますから、一般的なチョコの概念でないところからくる新たな黒い食べ物、と、なかなか普段食卓に上がることも少なかろう「酒粕無垢」が組み合わさって、食された皆さまの顔色が様々で面白かったです

 

 

語彙不足により風味の詳細は割愛させていただきます。

◉ビーントゥバーチョコレート炙り酒粕無垢に和歌山ぶどう山椒の香りと共に(一夜限り)

夜が明けてのタイトル降臨 笑。

 

 

たくさんの方の助言やアイデアをいただきまして、やっと形になり、パッケージも出来上がりました!今後お取り扱い店などは詳しくご紹介させていただきます。同時に取り扱っていただける店舗さまも募集しております

 

二部は座るとこもないくらい、表にも立ち呑みのお客様で溢れかえっておりました。

 

大盛況のうちに幕を閉じた一夜

 

 

ご一緒できて光栄でした

また開催して!との声も頂戴しておりますよ、山根酒造さん!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です