大人達が本気で遊んだ鳥取駅前のポテンシャル

トレーラーでの出店も今回で3回目でした

春の陽気漂う3/3.4の土曜と日曜。日曜に至っては最高気温は20度近くになり少し汗ばむほどでした

 

 

こちら前回の模様!!雪が降ってる!!笑

忘れてた、ついこの間までこんな感じでしたねぇ〜。雪にも負けず大勢のお客様にお越しいただいて感謝でございます

 

この時に思いついたのが焚き火でございます、とは言っても公の公園ですから、勝手にしては怒られますし、わたくし以外の使用者様に迷惑をかけるわけにはいきません。

でも、絶っっっっっっっっっっっっっっっっっっ対に炎のゆらぎで益々駅前が盛り上がると直感が反応してしまいました。なんとか知恵を振り絞りました

 

 

結果こちら

 

 

(※きちんと許可を得てます)

どうです?しっかりとトレーラー前にて「炎のゆらぎ」

 

 

 

癒されますねぇ。鳥取駅前とは思えませんねぇ 笑

 

 

(※勝手に火はおこしてはいけません)

(※公園でする焚き火は怒られます)

 

 

我ながらバカですねぇ 笑  完全にいかれてますねぇ、

しかしですね、直感の通り、全く後悔はしてません。し。むしろ良かったです。やって良かった、自己満足な部分ももちろんありますけど、炎があると人が集まりますし、しかも個性の塊みたいな人が自然と集まりやすいみたいですね。ってそらそうか、風紋広場で炎がゆらぐなんて年に数回しかないでしょうから。キャンプファイヤーみたく、火をめでながらの語らいは時間を忘れさせてくれます

 

 

これが土曜の夜の風景でした。スウェーデントーチと言いまして、丸太に切り込みを入れるだけで調理、暖、炎のゆらぎによる癒し、この日は失敗しましたが、椅子にもなるという優れものです。気になる方は直接連絡いただければ、詳しい方を紹介いたします

 

 

スタッフをはじめ、ご協力いただきました皆様ありがとうございました

 

 

 

 

風紋広場と炎。異国です

 

 

 

 

さて

 

土曜の昼間はこんな景色が

 

 

 

画家、杉森さんスケッチ会

 

 

真剣そのものです

 

ふらぁっとお茶を一緒したり、夕飯を一緒にしたり、ふらぁっとな雰囲気が心地よくて、大好きな人。自然体で空気のような人です。この日も絵が仕上がると、ふらぁっとどこかへ、、笑。結局、仕上がった作品を見ることも出来ずじまいです。どこかの個展でぜひ飾ってほしいなぁ

 

 

 

風紋広場と画家。異国です

 

 

 

翌日曜は快晴!!

 

おくだいら商店さんにも出店していただきましたよ〜

ボタニカルボックスなる、オサレ小箱。「オサレ」なんて軽い単語で済ましては申し訳のないかっこいいデザインなんです。語彙が少なくて申し訳ない

 

がこれ

もう言葉なんて必要ありませんね

 

 

 

風紋広場とボタニカルボックス。異国です

 

 

 

さて、「おくだいら商店」さんは今年4月、本通沿いに店舗を構えられるようで、店長のセンスによる、商品のチョイスが超良いっす(ダジャレは怒られそう)。感度のいい人が集まりそうなセレクトショップになることでしょう!check it!

 

 

tomo.&おくだいら店長

 

 

日曜の昼過ぎてからが広場のピークを迎えましたね。午前中はどの家庭も、家の事だったり、子供のことだったり、すべきことを片付けねばなりませんからね。その後お昼ご飯、少しの昼寝、を経ての風紋広場でしょうから

 

午後からは地元を拠点に活動されているマリンバ奏者の「tomo.」さんも参加していただき、「音」で空間を彩っていただきました。ビブラフォンの心地よい音色が風にのって、広場が優しい空気に包まれてました

マリンバ→木琴。ビブラフォン→鉄琴。とイメージしてください。この日はビブラフォン

 

 

 

時折聞こえる列車のガタンゴトンの音とビブラフォン

 

これが心地いいのです

 

そして、どこからかわらわらと集まってきたスケボー君達。これが広場にぴったりで、既にオリンピックぅ?なんて思ってしまうほどの賑やかさ。東京オリンピックの正式種目なんですもんね。平昌オリンピック、スノーボードハーフパイプの銀メダリスト平野選手もスケボーで参加するとかって話ですもんね。2年後は無理でも、6年後のオリンピックには鳥取出身のスケボー選手が出てもっ!!って練習する場所がない!あっても遠い!!風紋の一角はスケボー解放区にしたら、もしかしたらメダリストが出るかもね

 

 

本題へと戻りますと。百聞は一見にしかず

 

 

 

 

 

なんじゃこりゃ!!合成ではありません 笑

 

 

こんな光景が鳥取で見られるとは。列車の音、スケボーの音にビブラフォンの音、これにヒップホップとダンスがあったらより洗練されそうです

 

 

 

 

風紋広場とビブラフォン、スケボー。異国そのものです

 

 

 

 

新しいカルチャーの予感すら感じました

 

二日でこんなに密度の濃ゆい時間になるとは思いもせず、楽しみ尽くしました。市をはじめ、相談にのってくださった協会、そして一緒してくださった方々に改めて感謝いたします。ありがとうございました。

また一緒に遊びましょう。

 

 

そうそう、豆のこともすこーーーしだけ、

土曜日は「パプアニューギニア〜トロピカルマウンテン〜」

日曜日は「エチオピア〜イルガチェフェG-1 〜」をお楽しみいただきました。もしかしたら珈琲が潤滑油のような役割を果たしたのかな

 

 

〜募集〜

ただいま自家焙煎燕珈琲では、サポートメンバーを募集しております。平日の午後を中心にたずさわっていただける方を探しております。副業オッケーです。主にトレーラーカフェの運営をお任せ&サポートしていただく予定です。お気軽にお問い合わせくださいませ

 

 

 

大人達が本気で遊んだ鳥取駅前のポテンシャル」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です