風紋広場で大人が遊んだらいいんです

数年に一度が鳥取にも押し寄せてきてましたね、その余波の続く寒い中の2/11.12日の日曜と祝日の月曜に、2回目の風紋広場出店をしてまいりましたよ!

 

ここでまずはお詫び、当初の予定では10〜12日の三日間の予定でした、が、都合により二日間となりまして、十分なお知らせも出来ず、10日にもお客様にお越しいただいていたようでした!ありがとうございました!告知不十分で申し訳ありませんでした

 

さて、今回は面白い企画も用意してました。写真家の平木さんとのコラボ企画。

 

写真をプリントしてある紙は、なんと和紙!!!初日の雪でほとんどの大事な作品が雪の中へ!素人は絶対に滲んでる様子をイメージしていたのに、のに、全く問題なく二日目の展示も終えるという、日本が誇る「和紙」の強さを体感しました

左の女性の作品はガラスの防護もなくむき出しの中、雪の中に埋もれた初日。この画像は雪から掘り出した二日目のもの。全く滲みもなく、和紙の持つ風合いもそのまま!

 

和紙すごいです

 

 

インスタアカウント限定の写真コンテスト 『#駅前ひら散歩』テーマは『雪』

こちらおかげさまで沢山のご応募と反響がございました。私、燕の方の優秀賞は迷いに迷って決定しております。賞品も選んでいただく形にして、珈琲豆のお届け、珈琲チケットのお届け、焙煎士がお宅にお邪魔してのモーニング珈琲w、の三択でお選びいただきました。

 

平木さんの方の賞品が人によっては凄く豪華、かつ貴重だと思いますよ。なんたって本人が直接撮影に出向くわけですから(こちらも選べる賞品の模様)、一生のお宝になることは間違いないですよね。ちらっと小耳に挟んだ情報ですと、お子様の入学式に潜入も考えてるとか!プロに撮影してもらうなんて、どこの有名人のお子さんさんでしょうか w

 

で、そうそう、出店の模様

初日は断続的な雪の中、暗くなるまでお客様に起こしいただきました

大阪からたまたま起こしのダンサーさんは、雪の上に踊りつつステップでお絵かき。ダンサーさんは翌日もお越しいただき、鳥取を楽しんで帰られたようですね。ありがたい

 

二日目は朝少しの積雪に見舞われながらも、無事にオープン!天候にも恵まれ、こちら!(一部です)

 

二日目は忙しかったのは事実です、二人でつきっきりの対応でもこんな感じでした(一部のみ)。ありがたや

 

二日目は天候にも恵まれたお陰もあり、写真展への反応も多数ありましたし、写真好き同士の平木さんとお客様が共通の話題で盛り上がる姿は、「つながり」を強く実感しました

 

広場ってもっと面白くて、ワクワクする場所なはず?しかも鳥取の駅の真ん前なのに、なのに、なのにですよ、勿体無い!!!!

まさかこの写真、ど田舎の鳥取駅前って誰が思いますか?遊んだらいいんです、大人達が

風景、醸し出す雰囲気はさながら異国。雪のちらつく中焚き火なんてあったらいいなぁとか、絵描きさんたちが集まってスケッチしているとか、ミュージシャンが集まってジャムセッションがはじまるとか、そんな模様をカメラマンが撮影するとか、ダンサーが練習してるとか。

 

 

 

こんな県外に誇れる場所があるのに、のに!大人の皆さんがもっと広場で遊んだほうがいいですよ

 

面白いですよ、風紋広場

 

申請の仕方とかは追って手順をお知らせいたしますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です