エスプロのフレンチプレスって良いよ!! Espro Press P3

Espro Press P3

 

家飲みで使っているエアロプレのパッキンがそろそろ寿命を迎えようとしているもんでして、この際変わった珈琲器具で楽しんでみるのもいいのでは?なーーんてことから新規に購入してみました

 

簡単に美味しいコーヒーが、手入れも簡単にしたい

 

フレンチプレスがオススメです!!味も安定しますしね

 

さて、使ってみた際の印象とかを簡単にまとめてみますね

 

最大の特徴として、細かいメッシュ構造と、フィルターが二重ってところではないでしょうか?

これね。

今までのフレンチプレスですと、一枚だけの荒い金属フィルターで、カップの中に微粉でもない大きな豆の粉も濾過されずに混入することもしばしばありまして。粉の混入が嫌なのであれば、ペーパーでドリップすればいいのですが。

 

浸水式のサイフォン、このフレンチプレスは珈琲オイルだったりとか、旨味を引き出しやすいのですね。もちろん好みでお使いいただければ問題はありません

 

さて、話が少しずれましたが、微粉の混入が気になってフレンチプレスを敬遠されてる方も多いでしょうが、そんなあなたに朗報です!

 

この『Espro Press エスプロプレス』は、「ダブル・マイクロフィルター」を採用。
非常に細かいマイクロファイバーのフィルターを2重に使うことによって“微粉”を極力減らすことに成功しました。

 

ですって!

 

シリコンでできてるのかな?柔らかくて、ビーカーに張り付きそうですね。

 

どれどれ

 

 

ふむふむ

 

 

粉の量は24gでお湯の量は二人分の約300ml(このあたりはそれぞれの好みでいいと思います)を容器にて浸すだけなんですよ。当方が得意のサイフォンと原理はほぼ同じですよ、違いは攪拌の作業が入るかどうかの違いのみ。すごーーーく簡単なんです

 

 

そうそう、今回は豆の引き具合を、普通のペーパーや、サイフォンで抽出するときと同じ挽きめでしてみました。(みるっこの5)

 

 

で、その簡単な手順です

 

その1

熱湯(300ml)と粉(24g)を容器に入れる

ここで、湯と粉を馴染ませる程度にヘラ、スプーン等で軽く混ぜるとより味を引き出せますよ

 

その2

時間を待つだけ(2分)

 

以上!!!!

 

味の調整はお湯の温度、量、粉の量、挽き目、待つ時間で色々変化させることが可能ですので、色々お試しあれ

 

 

フィルター上部にはシリコンが施してあり、豆の混入を抑えてくれそうですね

肝心の二重フィルターの部分はと言いますと、予想よりも力を入れずにプレスができますね。細かいフィルターだから、もっと力がいるものだと思いましたが、これなら女性でも問題なさそうですね

 

プレスならではのコーヒーオイルもたっぷりと味わえますyo

見ずらいかもしれませんが、ほーーーら!

 

 

蛍光灯の光が当たってる部分のもやっとしたところはオイルが浮いてます

 

ね、旨味もたっぷりと引き出せて甘みもしっかりと感じていただけますね。

本当美味しい

 

 

お手入れも簡単、サクッとすすいで洗えばなんともございません

 

フィルターも一枚一枚が分解できますので清潔に保っていただけそうです

 

ビーカーの部分も分解できますね

 

で飲み終わった後のカップ底はと言いますと

 

 

何回か試した結果の「一番残ったもの」でこの状態です。

ゆっくり、じわっとプレスをかければ、フレンチプレスとは思えないほどの微粉の混入具合ですね

 

これ、オススメです。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です